スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

Railway Stories



想い出はいつも、
車窓のむこうで揺れている

浮かんでは消える
十篇の記憶の欠片を
集めた短編集


Railway Stories/大崎善生

雑記
さよなら、僕のスウィニー
キャラメルの箱

自分の中に重ねて読んだ二作品だった。